マーケティング

food_cheese_wine_11381-450x337
食事とマーケティングについて考える
406_480050353
税理士事務所が行うダイレクトメールをレベルアップ
税理士事務所が一番やっておきたいこと
税理士事務所が営業活動において、今一番やっておいたほうが良いこと。それは・・・。敵を知り己を知る事です!
あさり酒蒸し
あさりの酒蒸しを食べて食あたり。ネット情報を元に自力回復を試みるも失敗。最初から専門医に診てもらえばよかった!と感じたお話です。
効果測定
効果測定の究極は「原因不明」について記載のページです。効果測定というものはとても大切です。効果測定をしなければ分からないことがたくさんあります。
セルフイメージ_税理士事務所
税理士事務所の営業で必要なセルフイメージについてまとめました。セルフイメージは具体的かつ現実的である必要があり大切です。
ダイレクトメール_税理士営業
税理士法改正前では考えられないことですが、現在では税理士事務所がダイレクトメールを実施することは、日常的に行われています。
新設法人
新規設立法人向けのデータが無料で調査できてしまうサービスサイトがありました。最近、少し調べることがありまして、インターネットで調べ物をしておりましたところ、「新設法人データが無料で入手できるサイト」という情報を発見しました。
求人難_税理士_悩み
最近、会計事務所の求人難について随所で耳にする機会が増えました。数年前であれば求人を出せば有資格者であったり、科目合格者、実務経験者からの応募が寄せられたものが、最近ではさっぱりである。といったお話を聞くのです。
ダイレクトメール_税理士営業
税理士事務所の広告宣伝費の使い方について営業的な視点から書いてみました。大切なのは「制作」と「マーケティング」にバランスよくコストを回すことです。
税理士事務所_営業支援
税理士事務所の営業とはいったい何でしょうか?ダイレクトメール?ホームページ?セミナー?今回は税理士事務所と営業についてを考えてみます。
関連性_税理士_マーケティング
税理士・会計事務所で顧問先拡大を行う場合、あるいは相続案件に受任や事業承継の受任で営業展開をかける場合。常に「関連性を考える」ということが大事です。
好きこそものの上手なれ
先生は自分が得意なこと、好きなことをやっていますか?好きこそ物の上手なれという言葉があります。好きなことほど熱心に取り組みますので、上達も早いし結果も伴いやすいという意味です。顧問先拡大に密接な関係性があります。
新設法人ダイレクトメール
税理士事務所が新規設立法人向けに行う新設法人DM(ダイレクトメール)は粘り強さが必要です。最低でも半年から1年の継続は必要です。
seo concept with computer
SEOという言葉があります。Search Engine Optimization、SEO、サーチ・エンジン・オプティマイゼーション)というもので、検索エンジンで上位にヒットさせるための技術。といったような内容です。
imasia_14456591_XL
オックスフォード大学があと10年で「消える職業」「なくなる仕事」を発表しました。業種一覧に会計事務所に関係しそうな仕事が含まれていました。実際に10年後に消えてなくなることはないと思いますが、極端に数が減少するであろうことは確かでしょう。
顧問先拡大
何事も「大変さを知ること」は大切なことです。これは顧問先拡大にかかわらず、あらゆることに言えるかもしれません。そして取り組む姿勢が大事です。
税理士営業の比較
税理士同士の比較というものがあります。何事においても「比較」という行動はあるのが普通です。何かを目標とするのも比較から来るものですし、「クレーム」なども比較がベースになっているとも考えられます。
顧問先拡大_相談
何か一番効果的かは手段の検討です。「手段」から入って「結論」に至ろうとしても至れません。どこに向かえば良いのかわからないからです。まずは「結論」から入り「手段」を検討するのが良いでしょう。
相続案件受任
高齢化にともなってか、税制改正の影響があってか、相続案件受任のための取り組みを事務所として進めるケースが増えました。方法は様々ですが、一番力を入れるべきは「事務所が相続案件を受けることができる」という事実を既存の関与先に知らせることであると考えます。
クロスメディア
クロスメディアマーケティング。当社が勧めているマーケティングの考え方のひとつです。今の時代、単品でのマーケティング手法たとえば「ホームページ」「ダイレクトメール」「セミナー」など、それだけで拡大を使用とするのは難しい時代です。
税理士事務所_小冊子
相続に関する冊子、起業・創業に関する冊子、資金調達に関する冊子。様々な冊子が世に出ています。小冊子の雛形を販売する業者さんも存在しています。自分で頭を悩ませてうんうんいって書いていくしか、自分の気持ちや想いというのは伝えられません。
コンサルタント
コンサルタントという枠は必要ない。「自分はコンサルです」というよりも、お客様に使っていただき、その上でお客様から私が何者かを評価していただけたほうが、より正しい形になるような気がしています。「税理士事務所のお客様を増やすためのお手伝いをしている」、そのような考え方を持っています。
税理士顧問報酬_相談
どう頑張ってもお客様が増え難い(増えないとは言いませんが)税理士事務所があります。そういう事務所様は私どものようなマーケティングをやっている人間から見ると、当たり前のことを当たり前にできていない。いや逆のことをやってしまっているということがあります。
銀座の腕時計
税理士事務所の顧問報酬の相場はどれくらいなのか。こういった質問や相談を多く頂きます。確かに市場の動向や相場観というものは存在します。新設法人で月額5万円といったら、流石に高いな。と感じます。しかし・・・。
ふくらはぎの痙攣
脹脛(ふくらはぎ)が痙攣。それはこむらがえりと呼ばれる症状のようでした。激しい痛みの中太田が感じた顧問先拡大の関係性についてを語ります。
税理士事務所の戦略
税理士事務所がマーケティングを行う際に壁となるのが「どうすれば良いのか?」という手段の問題です。ホームページで広告するのか、ダイレクトメールなのか、紹介制度なのか、どこかのグループに参加するのか。さて、何が正解なのでしょうか。
imasia_14824765_XL11
先生が想い描く理想のサービスは先生ごとに異なるはずです。その想いを「商品名」というネーミングに乗せて形にしてみるのです。税理士事務所が商品化を行うと営業上とても良いことがあります。
税理士事務所_優先順位
税理士事務所の営業マーケティング。一般的にはなかなか着手すること自体が難しいジャンルです。税理士先生のご本業である税務会計のお仕事は全てにおいて優先されて当然ですから、どうしても営業は後回しになってしまいます。
税理士事務所_マーケティング
税理士事務所の営業が成功するかしないかは「自分ごと」の人口比率に有ります。「自分のこと」として事務所の将来を考え、お客様を増やすことが必要であるとお考えで日々の仕事に向き合うことが出来る人口比率が高ければ高いほど、拡大は成功します。ノウハウやテクニックも必要ですが、何よりもやる気があるか無いかが一番重要なのです。
スマホ_税理士事務所への影響
スマートフォンの普及で営業活動にも変化が生じてきています。ホームページの中でも対応しているしていないが分かれますし、ホームページ上から電話が出来る出来ないも分かれます。ひとつひとつの積み重ねが大きな差となります。
税理士事務所_はじめの一歩
税理士事務所の顧問先拡大。一番重要なのははじめの一歩。次に重要なのが二歩目、そして三歩目。単純ですがこれが真理です。成果が出ないからやめるのではなくて、成果が出るまで工夫をし続け継続する。継続することを前提にしないと結果は出ません。
ホームページ_売上があがる会社_あがらない会社
ホームページを運用する際に抑えておきたいチェックポイントがこの一冊でよくわかります。ダメなものはダメという勇気ある書き方も私は好きです。使ってこそのホームページ、行き着く先は全てこういうところ、といった感じがします。
悪貨は良貨を駆逐する
悪貨は良貨を駆逐するというのは、一つの社会(あるいは市場)で名目上の価値が同じ、実質上の価値が異なる貨幣(あるいはサービス)が同時に流通すると、良貨はしまい込まれて市場から姿を消し、悪貨だけが流通するという「グレシャムの法則」のこと。
物販とサービス販売の違い
物を販売する難しさとサービスを売る難しさの違いを知り、それを問合せ増加に役立てるにはどうしたら良いでしょう。どこにも売っていない何かを加えてみる等のアレンジと手間暇をかける面倒くささを出すことが必要です。
税理士_勉強_マーケティング
資格を取得することや専門的な税務スキルを身につけることはすばらしいことです。しかしながら、スキルを身につければお客様が増えるかというと、少し話は変わってきます。
会計事務所_問合せ対応
税理士事務所への問合せは「ホームページを見て」というケースが増えています。言葉をそのままとらえてしまうと、間違った効果測定となってしまう危険性がありますので注意が必要です。
ブログのネタ
ブログを書くと言っても一体何を書けば良いのだろうか。そのようなお悩みをお持ちの税理士先生は多くおられます。数回書いてそのまま放置・・・そんな状況になっていませんか?身の回りにあるものや出来事をご自身の仕事と組み合わせたりつなげたりして、角度を変えて物事を考えてみるという書き方が出来るとコンテンツ作成の幅が大きく広がります。
Twitter_マイナンバー
マイナちゃんというウサギについて徹底分析。マイナちゃん模写大会の後、色々と調べたことを発表!上戸彩さんと、剛力彩芽さんが似てるという個人的な見解にも注目。
ホームページ制作_お客様の声_事務所経営
チラシ、キャッチコピー、HP、サービスなどなど、新しい企画や制作物を作るときに第三者の意見は大変貴重です。家族や友人に聞くことも良いでしょう。大手企業はモニターや座談会で一般の意見をお金をだしてでも聞きたいと思っているものです。それは第三者の意見が宝だからです。
アクセス解析_試算表_顧問先拡大
ホームページからのお問合せを増やしたい。そのようなご相談を多く頂きます。お話を聞いてみると、殆どの場合アクセス解析をやっていません。分析をして次なる一手を打って行く。コレをやらないとホームページからの問合せを増やすことは出来ません。
法人化_顧問先拡大_意思決定
税理士法人化をして拡大に着手する。このこと自体は良いのですが、考えの違いやコミュニケーション不足、営業活動費、販促活動費について意見の衝突など、なかなか難しいハードルが立ちはだかります。
マイナちゃん4
うさぎとマイナンバーってどうなのよ。マイナちゃんの書き方講座。マイナちゃんというウサギはどうやって書けば良いのか?あなたもきっと描ける!珠玉のマイナちゃん描き方講座。感動のフィナーレです。
マイナちゃん模写3
マイナンバーのマスコットキャラクターマイナちゃんとウサギの関係。マイナちゃんのイラスト書き方講座です。世界でたったひとつ!(多分)マイナちゃんをキャワイらしく描くノウハウが満載!興奮の第二回目。
マイナちゃん模写1
マイナちゃんとうさぎの関係についてイラスト徹底分析。マイナちゃんの書き方を時系列で解説することで、あなたもマイナちゃんが書けるようになる!マイナンバー制度について太田が・・・語れるわけがない!
地域密着型ジョイント
地域密着型で推して行くのであれば、同じ「考え方」を持った事業体と組むことが一番です。理念や考え方を地域密着型の企業体と合わせること(地域活性化という意味で)、そして、必要な資金はきちんとつかうこと(想いが同じだからといってただで人を動かそうとしないこと)が大切です。
広報展開_オオタキカク
FacebookやTwitter。これらの新しいツールが一般的な道具になりつつあります。新しいものを遠ざけていると、新しい時代の変化に取り残されてしまいます。時代の変化についていけていますか。
税理士事務所の地域性
ダイレクトメールや新規向けのセミナー開催など、どうしても難しい。目立った営業活動が出来ないという事務所が何をやれば良いのでしょうか?
税理士事務所の意思決定
意思決定の早さと数。そして実践力が勝敗を分けることが多くあります。実践力があると一度決定したら何事も早いスピードで進みます。意思決定が早く、年間の決定数が多く、実践力がある事務所様は、ほぼ、もれなく顧問先の拡大には困っておられません。
地域密着型_税理士事務所
地域密着型のお仕事をされている税理士先生が実践すると良い、営業・広告宣伝戦略についてまとめました。今回は既に強い競合が存在するときの話です。
税理士事務所_地域密着
地域の情報は全てこの先生に聞けばOK!そんな状態を創り上げることが大切です。そんな環境をいかにして創り上げるか?地域密着型のお仕事をされている税理士先生が実践すると良い、営業・広告宣伝戦略についてまとめました。
儲かるしかけ_税理士_会計事務所
4月20日中野区議会議員選挙に立候補をしているタナカキミアキ先生(Youtubeを活用されている税理士先生)にお会いした際のお話です。
Google SEO
SEOは外部対策と内部対策とがあります。税理士事務所もSEOは業者さんに頼む時代から、自分でキーワードなどを選択し設計してWEBの構想を創って行くものという時代に変ってきています。
会計事務所_営業活動_新規拡大
何か新しいことをスタートする際に、否定から入ることをやめましょう。まずは肯定からスタートして、難しいことがあるのなら、「どうやったらできるか」「どうすれば難しくならないのか」そういった思考になることが大切です。
会計事務所_ネーミングの優位性
税理士事務所で何かしらの新サービスをスタートする際に、ネーミングを考えるような機会があります。ありきたりのものは既に存在するし、かといって斬新なものは受け入れられ難いのではないか、なかなか難しいジャンルの課題です。さて、どのように考えていけばよいものでしょうか。
税理士_営業的文章作成
ブログや小冊子、ホームページやパンフレット、チラシなど。文章を書く力が求められる時代です。有料のライティングスクールに通って教えてもらうというのも素晴らしいことです。しかし、先生方にはもっとすぐに実践でつかる方法をマスターしていただきたい。
ホームページ_スマホ対応_ランキング
スマホ対応の有無でgoogle検索での順位変動が起きることになりそうです。PC版には影響は無さそうですが、スマホでの検索結果に影響が出るでしょう。スマホ対応がまだの税理士・会計事務所様は早めの対応を心がけたいものです。
税理士事務所_差別化
私が良く現場でお話しさせていただくのは、「業務内容による絞り込み」「業種やお客様の状態による絞り込み」「考え方による絞り込み」この3つです。
税理士事務所_広告営業_顧問料無料
当事務所と顧問契約をすれば半年間無料!とか、3か月間無料!などといった表現をすることが新設法人DMの場合ときどき見かけます。無料相談というのは別ですが、税務会計や節税に関する業務が報酬無料で提供というのは、私はよくないことであると考えています。
税理士営業_印刷発注
チラシやパンフレットを印刷しても一向に在庫が減らない・・・。そんなことってありませんか。さて、印刷したチラシやパンフレットはどう使うのでしょう。印刷発注で間違わないためには、まず「何に使うのか」を明確にすることが重要です。
税理士_キャッチコピー_バカ売れキーワード1000
キャッチコピー一本で顧問先が増えたり売上がアップしたりするするものでしょうか?「売れるキャッチコピー」があるわけではなく「売れる商品やサービス」があって、その「売れる商品やサービス」をPRするために「キャッチコピーを変えたら」その結果「売れるようになった」という流れです。
税理士事務所_プロフィール作成
自分のプロフィールを作ることは結構難しいものです。身近な人の方があなたの良いところが見えていることが多いようです。もちろん、用途であったりその人の想いであったり、目的といったことをきちんと伝えたうえでとなりますが、客観的な先生の魅力が浮き彫りになります。