税理士事務所のホームページ制作支援ビルドコア

税理士事務所の営業用ホームページ構築のコツ

まず大前提として、ホームページの構築には企画が重要なポイントとなります。即ち「どのようなホームページを作るのか」「誰に見て欲しいのか」「どのような目的を持たせるのか」そして「何を目的とするのか」といったことを良く考えて作り進めることであります。
得てして「メインサイトを作りたい」とか「相続サイトを作りたい」「会社設立のサイトを作りたい」といったざっくりとした目的だけを持たせたオーダーをいただくことが有りますが、それだけでは数十、数百とある競合のホームページにはとても勝てません。差別化や独自化と呼ばれたりいたしますが、そのような視点でよく企画を練り上げませんと、ただ単にホームページを作りました、だけでは今の時代通用しないのです。また、下記にまとめますが、作った後の事も一緒に考えて行く必要が有ります。
当社でご案内するホームページ制作サービスは、ただ作るだけではない、運用を考慮したサービスです。
作った時点でおしまいのホームページではなく、常に成長し続けるものとして考えております。
システムの設計はCMSとして世界的なユーザーも多い、ワードプレスを用いており、内部の設計は運用しやすいようにカスタマイズがされております。当社のホームページも同じシステムを用いております。

税理士事務所の営業用ホームページ運用に必要な3つのこと

税理士事務所の営業用ホームページはコンテンツが大事
まず第一は必要となるコンテンツを揃えることです。更にHP完成後にも継続的な更新が出来るようにすることです。
どのような内容のコンテンツが良いのか、テキストのボリュームはどれくらいがよいのかなど運用を進める中でお伝えします。
税理士事務所の営業用ホームページとSEO
第二にSEOです。SEOというのは検索エンジン対策と呼ばれるもので、Yahoo!やgoogleで上位にヒットさせるための技術です。これには内部対策と外部対策とがあります。税理士事務所のSEOについてはこちらのページで説明をしています。
営業用ホームページ「補完ツール」
第三に補完ツールの運用です。補完ツールと言うのは「メールマガジン」やFacebookやTwitterなどの「ソーシャルメディア」、小冊子やセミナー、単行本等の運用ミックスによる複合的な運用です。この発想がないとホームページは中々動き出しません。

税理士事務所営業用ホームページ制作コンセプトに適した事務所様

税理士事務所のホームページリニューアル
ホームページの制作技術・環境は年々進んでいます。5年前、10年前のホームページが「古臭い」といった印象を与えてしまうような時代。スマホにも対応しなければいけません。
税理士法人化をしてホームページをリニューアルする
税理士法人化をすると部門別やサービス別あるいは、支店別にホームページの運営を行う必要性が生じたりも致します。個人事務所のイメージから法人らしい作りに切り替えましょう。
税理士事務所が特化型のホームページを作る
事務所案内用のホームページはテンプレート仕様で、営業用のホームページはカスタマイズが可能で更新をしやすい環境にするというご要望があります。そのようなニーズにおこたえできます。
税理士事務所が営業用にブログを更新する
無料の外部ブログで日々の更新は避けたほうが良いでしょう。書けば書くほどライバル事務所の広告が出てくるようなものではなく、自社サーバー内でブログの更新ができるようにします。
税理士事務所の事務所承継とHPリニューアル
事務所の代替わりに伴って、心機一転新たなホームページを作るという方針をお持ちの事務所様にぴったりです。SNSとの連動なども視野に入れた運用戦略を考えましょう。
税理士事務所のHP制作と顧問先拡大相談
ホームページを作っただけでは高い効果は望めません。作ったホームページをどのように運用していくのか?WEBマーケティングについての取り組みも欠かすことが出来ません。
ページトップへ