ご相談依頼時にご配慮願いたいこと

まずはご相談時の注意点についてご説明いたします

当社ではご相談をいただくにあたり次のことを満たしていただくことをお願いしております。

厳密には、満たしていなかったとしても相談自体は承るのですが、
満たしていただけたほうが双方にとって有意義な時間を過ごすことができます。

具体的には、

1、当社のセミナーや勉強会で代表のお話を聞いていただいたことがある方
2、当社で発行する小冊子をお読みいただいたことがある方
3、代表が書いた単行本をお読みいただいたことがある方
4、当社関与事務所様から紹介を受けたという方
5、当社スタッフと直接お会い頂け、当社のコンセプトをお聞きになっているという方


上記のどれかひとつを満たし、尚且つ、

代表太田が提唱している考え方に共感をしていただけている方に、
ご相談をいただくことが出来ると、有意義な時間となります。

小冊子や単行本をお読みいただけていたとしても、私どもが提唱する拡大についての考え方に、
全く共感しないという方に関しましては上記の1~5を満たしていたとしましても、
あまり有意義な時間を過ごす事はできないでしょう。

なぜ、そのようなことを申し上げるのかをご説明いたします

当社は現状のところ、代表の太田がサービス提供を手がけております。
その関係で定期顧問契約については対応可能な事務所様の件数に上限値がございます。

どうしても時間で動く形となるため、1件のお客様にかける時間は決まったものとなります。

この中で例外的に生じるものが、「ご新規様の相談」です。

私は以前より、比較的遠方の方であったとしても、
求めがあればお伺いして相談を実施させていただいてまいりました。

しかし、相談のみのご対応に時間を費やしてしまいますと、
必然的に既存のお客様に費やすべき時間が圧縮されてしまうことになります。

そのようなことにならぬよう、私の時間をより効率的に使う必要性がございます。
既存のお客様をより大切にしたいので、まずは当社のことについて事前に知っていただくことを、
ご相談の条件としてあげさせていただいているのです。
このようなお約束事を設けませんと、
先生のお時間と私の時間が無駄になる可能性が飛躍的に高まるからです。

当社でご提供しているサービスは実に伝わり難く、ご理解いただくことが難しい仕事です。
これは当社が「伝える努力が不足している」ということもあり、大変申し訳ないのですが、
とにかくご理解いただき難いということがあります。

誤解を頂くものとして多いのが、

1、案件を紹介をしてくれる会社なのですか? (当社は紹介斡旋業者ではございません)
2、代わりに営業をしてくれる会社なのですか? (当社は営業代行会社ではございません)

などの思い違いを持った状態でご連絡をいただくケースがあります。

せっかく先生にお時間をいただき、私も時間を割いて事務所へお伺いしても、
上記のような誤解がある状態でお話を進めることになりますと、
そもそも先生がお求めになっているものと、当社で提供しているものとが異なりすぎるために、
全く意味の無い時間を双方で過ごすことになってしまいます。

私はそれが、とても時間がもったいない事であると考えます。
先生のお時間も私の時間もです。

そのため、オオタキカクが何者なのか、どういう考えで業務に取り組んでいるのかということを、
セミナーや勉強会、小冊子や単行本などでまずは知っていただき、
その内容に共感していただけた先生に、私どものサービスについてのご案内を申し上げたいと考えているのです。
先生の貴重なお時間を無駄に使っていただきたくないという思いも含めた上での取り組みとなりますので、
お気を悪くされませぬようご理解の程宜しくお願い申し上げます。
税理士事務所_営業支援_オオタキカク