マーケティング担当者が押さえたい5つのリスキリングテーマで存在価値を高めましょう

  • #Chat-GPT
  • #Google口コミ
  • #動画編集
  • SNS
  • マーケティング
事務所内のマーケティング・広報担当者に向けた
「マーケティング担当者が押さえたい5つのリスキリングテーマ」
についてお話します。

5つのリスキリングテーマの概要

SNSについて
従来のTwitterやFacebookだけでなく、新しいプラットフォームを通じてのマーケティング戦略を検討し、事務所独自の運用方法を考案する。
動画の編集
基本的なデジタルスキルの習得。これらのスキルを通じて、よりプロフェッショナルで魅力的なコンテンツを制作し、事務所のマーケティング活動をサポートする。
検索スキル
TwitterやYouTubeなどのSNSでの検索スキルを向上させる。これにより、最新の情報やトレンドを迅速にキャッチアップし、マーケティング戦略に活かす。
Google口コミ
GoogleビジネスプロフィールやSNSでの競合事務所の活動調査を行い、自事務所のマーケティング戦略を磨く。
Chat-GPT(AI)
チャットGPTなどのAIツールをマーケティング活動に活用する。コンテンツ制作やアイデア出し、業務効率化にAIを取り入れ、マーケティングの質と効率を高める。
これら5つのテーマは、会計事務所のマーケティング担当者が現代のデジタルマーケティング環境で成功するために必要なスキルや知識を体系的に示しています。
是非、新しい技術を学び、身につけ、事務所内でのあなたの存在価値を高めてください!
【著者プロフィール】太田亮児(おおたりょうじ)|合資会社オオタキカク 代表
税理士・会計事務所の営業、マーケティング支援を行う。起業前は東京都内にある税理士法人に勤務してマーケティング業務を専任で手掛けた。2005年にオオタキカクを設立して独立。税理士事務所の個性を活かし各事務所の強みを磨き上げオーダーメイド式でマーケティングの仕組みを作り上げるサポートを行う。2010年に「税理士・会計事務所の儲かるしかけ」を同文館出版より出版し、税理士業界に特化したサービスを展開している。税理士向けの専門紙である税理士新聞(NP通信社発行)への連載記事を手掛けていたこともある。