【税理士事務所向け】キャッチコピーは自分で考えない|グッとくるコピーを求めて

サービス、企画を考える時、ネーミングを考えるのは難しいですよね。
言葉の組合せなので誰にでもできそうに思えて、素人ではなかなかよい案が出ません。
特別な企画等があれば、キャッチコピーに価値を認め、お金をかけてみるのもおすすめです。
クラウドソーシングを依頼する際の注意点も含め、お話します。

「これはいける!」と感じたキャッチコピーでも、実際に人に見られると・・・?

自分で考えたキャッチコピー。「これはいける!」「すごく良い!」そういうように感じるのが人の常です。自分で考えたキャッチコピーって、やはり愛着があるので素晴らしい出来だと勝手に思い込んでしまうものなのです。

従業員さんや出入りの業者さんなどに「これどうかな?」と聞いても、先生の作ったコピーを周りの人は基本的には否定しません。「素晴らしいですね!」「面白いですね!」「センスありますね!」と言ってくれるかもしれません。しかし、実践投入してみると・・・なかなか冷ややかな反応が現場からはかえってきたりするものです。

例えば、相談者のさりげない一言・・・「分かり難かったです」とか、「ちょっと長くて読むのが大変でした」とか、「これ、どういう意味なのですか?」とか。あれ?あんなにセンスが良いと思っていたのに!(笑)そういうことってよくあります。

キャッチコピーというものにはやはり一定のルールのようなものがありまして、関連書籍も多数出ているように、専門的なジャンルなのです。会社経営者が自社で経理事務をやって決算申告をやるといったことが一般的にはないというのと同様で、キャッチコピーも素人考えで自分であるのはで可能であれば避けたほうが良いでしょう。特に販促活動で数百万円とかそれ以上の多額のコストを投じる場合には、ネーミングにもお金を回してあげることです。

見えないものに価値を認めるか認めないか

とはいえ、ネーミングです。日本語の組み合わせですから自分たちで考えてそれとなく出来てしまうという考え方もあります。確かに、それっぽい感じでなんとなく出来てしまったりもします。

しかし、ここを「プロはプロに頼んだ方が良い」という考えで、きちんと専門家に依頼するという税理士先生もいらっしゃいます。そういう先生はやはりひとつひとつのプロジェクトが事業化しやすく、成果も出して行かれるように感じます。とはいえなんでもかんでも専門家に頼もうということでもないのですが・・・。

デザインにしてもそうですが、見えないものに価値を認めるか認めないかという意識が、人によって大きく異なります。はっきりと目に見えるモノではない部分でもあるので、なかなか難しいところではありますが。