商標が拒絶査定【テレコンサル】はダメ!|失意の中YouTubeを投稿する太田

昨年3月にオオタキカクが特許庁に申請を出していた商標
「テレコンサル」というネーミングでの申請だったのですが
華麗に拒絶査定を受けました(しかも2回)!

人生良い事ばかりじゃないぜ

・・・そんな失意の中から
転んでもただでは起きない精神をYouTubeにぶつけました

その言い回し、組み合わせが世の中に存在していなければ
商標は必ず取得できる!・・・というものではありません

こんな場合には注意が必要です!
といったことが分かる動画でございます。

とほほ・・・

【関連動画】
税理士事務所も商標をとろう!先願主義だからこそ取り組む前に取っておく!
https://www.youtube.com/watch?v=TUMezt_0Mq0

税理士・会計業界の商標事情について|
商品、サービス名、事務所名称などで税理士事務所でも商標取得を行う時代
https://www.youtube.com/watch?v=GhflzwqZRHk

「テレ」+「なんとか」は取得が難しい可能性が高い!

今回、私が特許庁に申請したのは「テレコンサル」というもの。
実際にGoogleで検索をしても、完全一致で出てくるのは当社のものだけです。

しかし、拒絶査定となったわけですが、どうやらこのテレコンサルというのは、
「テレアポ」や「テレワーク」、「テレマーケティング」などと同様の扱いを受けるものとして考えられているようなのです。「テレ」も「コンサル」も、あるよね~。
的な感じです。

検索で出てこなかったものですから、行けるかなぁ~と思っていたのですが、綺麗にダメでした。
そんなこともありますよね。