マーケティングルールの変化5つの出来事【税理士事務所の広告宣伝を再定義】

  • #オンライン
  • #ショート動画
  • Googleビジネスプロフィール
  • マーケティング
以下がマーケティングルールの変化5つの出来事になります。
・LINEの普及
・口コミの重要性
・ショート動画コンテンツの流行
・オンライン評価の可視化
・情報伝達方法の変化

これらの変化は、特に税理士会計事務所などの専門サービス業において、マーケティング戦略の見直しを迫るものであり、時代の流れに沿った新しいアプローチの採用が必要です。
マーケティングと広告宣伝の手法は近年大きく変化している。
特に50代になると、昔と比較してその変化を強く感じる。この変化は、若年層がデフォルトとする通信手段の変化、Googleビジネスプロフィールのようなオンライン評価の重要性の高まり、ショート動画の流行など、幅広い分野に及んでいる。
これらの変化に気付き、適応することが業務運営において重要である。

様々な変化を理解し、新しいマーケティング戦略を取り入れることが、現代の税理士会計事務所にとって必須である。
【著者プロフィール】太田亮児(おおたりょうじ)|合資会社オオタキカク 代表
税理士・会計事務所の営業、マーケティング支援を行う。起業前は東京都内にある税理士法人に勤務してマーケティング業務を専任で手掛けた。2005年にオオタキカクを設立して独立。税理士事務所の個性を活かし各事務所の強みを磨き上げオーダーメイド式でマーケティングの仕組みを作り上げるサポートを行う。2010年に「税理士・会計事務所の儲かるしかけ」を同文館出版より出版し、税理士業界に特化したサービスを展開している。税理士向けの専門紙である税理士新聞(NP通信社発行)への連載記事を手掛けていたこともある。