税理士先生の出版と出版コーディネーター

shaking-hands-1016736_640-e1552884222383
出版コーディネーターという仕事があります。

これは文字通り出版をコーディネートするというもので、著者と出版社とをめぐり合わせてくれる存在です。
税理士先生が出版を考える場合、ジャンルとしてはビジネス書になることが考えられます。

中小企業経営者向けの内容か、あるいは個人事業者向けか、相続であれば個人向けの内容となります。
(相続の場合は「生活」とか「ライフスタイル」といったジャンルに分けられるかもしれません)

出版社や編集長によって得意分野がある

ビジネス書に強い出版社、若い著者を好む編集長など、出版社や編集長によって得意分野は異なるそうです。

時期によって、同じ企画内容でも通る、通らないということがあり、タイミングが大事という事も聞いた事があります。

例えば、出版社Aで相続に関するテーマで出版を考えていたので、相続のテーマで企画書を提出し、興味関心を持ってもらった。
ところが、先日、別の著者が相続テーマでの出版を決めたので、今回のもので出したかったけれども企画はボツ。 といったことはよくあるそうです。

類似するテーマを同時に出す事は、一般的にはあまりないそうです。

出版コーディネーターはここら辺の事情に明るい

using-phone-2837365_640-e1552884723338
例えば、著者の性格や書きたい本のテーマなどを聞くと、ぼんやりと、「この著者はどこの出版社が良いか」といったことをイメージされるそうです。

経営に関する固めの本であればこの出版社、この著者のキャラクターならあの編集長。
そういうことってやはりあるようです。

私が出版コーディネーターへの依頼をおすすめするのは、こういう事情に明るい方に頼む事ができれば、営業時にかかる労力が軽くなるからです。

出版社に対してアプローチをかけるということですから、自力で頑張ってやろうとしても、出来ることは出来ます。

ダイレクトメールを送ったり、電話をしてみたり、インターネットで調べれば本の出版企画を募集している出版社も数多くヒットします。

人の力を借りずに自分でやってみる!
ということも素晴らしい事なので、自力で挑戦してみるのもひとつです。

なんちゃって商業出版には注意してください!

出版コーディネーターのお話をしましたが、この世界にも色々な方々がいらっしゃいます。
中には、商業出版といいながらも、ふたを開けたらほとんど自費出版(費用負担が大きい)というものも存在します。


例えば、出版コーディネートに50万、100万かかるようなもの、出版を条件にして数千冊の買取り条件をつけるものなどです。
こうなってくると、もはや商業出版ではなく、自費出版に近いものになります。
難しいですね。

出版コーディネーターはインプルーブの小山さんを推薦します

最後に、私がお願いをした出版コーディネーターをご紹介します。
税理士先生からも「誰か良い人いませんか?」と良く聞かれるので。

私が出版コーディネーターとして依頼したのは、有限会社インプルーブの小山さんという方です。
http://imprve.com/

商業出版のコーディネートを業としている、ニッチなお仕事をしていらっしゃる方です。

今までに手がけた商業出版はなんと400冊以上!
ちなみに私の時は85冊目のときでした。
かなりキャラが濃いと申しますか、個性の強い方なので相性が合うか合わないか、ご自身の目でお確かめ下さい(笑)

ただ、日々お忙しくされている方なので、本気で本を出したい、商業出版をしたいという方にだけ、こっそりとご紹介をしたいという方です。