37_cross
税理士事務所のマーケティング戦略についてお話をいたしました。いくつかあるうちのクロスマーケティングというものについての解説です。
36_syougyousyuppan
本を書くぞ!と熱意のある先生方へは、是非、出版をしていただきたいと思います。税理士先生の出版には、自費出版、共著出版、商業出版といったものが考えられます。私が先生方にお勧めしたいのが商業出版です。
35_eigyouhushigi
何か動き出すと、全く別のところからの問合せが増えるなんてことありませんか?しかし、何もしないと何も起きません。動き続けることで接点が生まれ、どんどんよい話が舞い込んできます。今回は、そんな『動くと変わる』法則のお話です
34_teamviewerowabi
以前、TeamViewerというリモートツールについてご紹介をした際、「無料でできます」とご案内していましたが、視聴者の方から「商用利用では?」とのご指摘を頂き、調べてみましたら、無料で使える範囲は個人で使うケースの場合のみであることが分かりました。訂正の動画をお届けさせていただきます。
33_kekkadenai
顧問先を増やしたい!けどお金はあまりかけたくない・・・当社がおすすめする5つのステップ(企画・制作・マーケティング・フォロー・営業)をもとに、結果を出していただくために必要な、たったひとつのことについてお話をします。
32_24jikanwork
今の時代では考えられない!「24時間働けますか?」昔はそのような表現が流行していたこともあります。しかし、令和の時代はそうではなくなりました。広告宣伝費などで費用をかけるか、SEO、更新などで手間と時間をかけるか。そういう地道な努力が求められる時代です。
31_zassibaitai
雑誌広告・媒体広告の効果はどうなのかということについて、どんな視点で考えればよいか、3つのポイントを押さえながらお話します。い雑誌、媒体物をエヌピー通信社発行の税理士新聞という媒体を参考にしながら、見極めるためのコツをお届けします。
30_syousassi
小冊子は手間、時間、コストがかかるものです。誰に向けて何を書くのかをイメージして作ることが大事です。注意点なども踏まえながら、小冊子作りについてお話します。
29_zeirisisinbun
税理士新聞とは、エヌピー通信社が発行している税理士・会計事務所向けの税金関係の新聞です。28700部発行されているという大変素晴らしいものであります。当社はこの税理士新聞への広告出稿をさせていただいたりすることもあります。
28_custmervoice
お客様や顧問先様から、事務所がどんな評価を受けているか、どのように見られているか…お客様の声を聞くのが一番です。お客さまの声の中にはたくさんの情報、ヒントがあります。
27_himatsu
この時期、お客様との面談はどのような工夫をされていますか?お客様とお会いする機会の多い会計事務所さんにピッタリな商品、『飛沫防止ボード』をご紹介します。
26_kyouyuuka
先日、情報共有化セミナー(オンライン)に参加をしました。これは株式会社エヌエムシイという会社が主催する税理士先生向けのセミナーで、在宅セミナーと並んで今、エヌエムシイが最も力を入れているセミナーであります。
25_naming
サービス、企画を考える時、ネーミングを考えるのは難しいです。特別な企画等があれば、キャッチコピーに価値を認め、お金をかけてみるのもおすすめです。クラウドソーシングを依頼する際の注意点も含め、お話します。
24_orekunoro
"営業活動の取組みに対して結果を出すことを考えると絞込みを考えることは重要なポイントです!どの分野に特化して絞込みをして行けば良いのかを決めるのははなかなか難しいことです。しかし、ホームページや具体的な営業活動を行う際には何かしらの絞込みを考えて行かなければなりません。さて、その絞込み。どのように取り込めばよいか…お話いたします。 私の黒歴史についてもちょっとだけ触れています。"
24Trademark_2
商標は何のためにとるのでしょうか?商標は、悪意のある第三者から守るために、是非お勧めしたい手続きです。
22Trademark
会計業界の商標事情についてご説明します。商標検索サイトの「J-PlatPat」で会計業界に関するキーワードを入れて検索をすると、独自のネーミング、商品、サービス、企画名など様々な角度から商標を取得されていることがわかります。
21_Back-side
物事は、色々な角度から見てみないと本当の姿がわかりません。経営にも同じことが言えるのではないでしょうか。
20_Nutrients
税理士事務所の営業で大事な「結果を出すための」バランスとは何か?人間でいう栄養素を例に、ご説明します。
19_piece
ひとつひとつの取り組みが、ある日突然ひとつの形にまとまるような瞬間がやってきたりします。最後のピースが揃ったときに組み立てられる企画についてお話します。
18_Adoption
令和2年度小規模事業者持続化補助金の結果が出ました。採択結果を発表いたします。
17_sns
Facebookをした方がいいかどうか、税理士事務所によっても異なりますが、考え方の基準についてお話します。
16_Finish-up
「徹底的にやり切る覚悟を持て!突然の命令形そのワケとは!?」徹底的にやり切る覚悟についてお話します。
15_Planning
企画の成功率を飛躍的に高めるコツというものがあります。企画を成功に導く良い話についてお話します。
14.40jyou
「テレワークは税理士法違反にならないという日税連の見解」についてお話します。
13.tereaposuuji2
税理士事務所で行うテレマーケティングの費用対効果について、顧問先拡大の取り組みを実際に手がけた経験をもとに、具体的な数字を使って説明させていただきます。
12.posutingMap
「効果の出るポスティングにはワケがある!2倍以上の差が出る事もざら!」では、配り手によって視点が変わることについてマップのイメージを見ながらお話します。
11.posuting
「ポスティングを成功させる5つのポイントと正しい配布の考え方」では、ポイントを押さえながらお話します。正しく取り組めば結果はでます。正しい配布方法を身につけて実践をしてみましょう。
10.online
オンライン化は進んでいます。「オンラインツールは何を使えば良いのだろうか?」では、ツールを選ぶ際の判断基準などについてもお話しています。
9.suuji_
「キャッチコピーで悩んだらコレ!万国共通のアレを使いましょう!」では、全世界共通の数字を盛り込んでみてはどうかということについてお話します。ポイントポイントで数字を使うことにより理解度も増します。
8.benchmarking
「ベンチマーキングで見つけよう現状の課題・問題点」では、ベンチマーキングをする際、どんなところを気を付ければよいのかについて、私のやっているベンチマーキングもご紹介しながらお話します。
7.shisetsudm
税理士事務所で取り組む新設法人向けダイレクトメール(DM)についてのお話。「1/200の反響率で1/400の契約率|新設法人ダイレクトメールのメリットとデメリット」では、おおよその数字をもとに、税理士事務所で実施する新設法人DMについてメリットとデメリットについてお話します。
6.streng
ストレングスファインダーをご紹介します。「税理士事務所でお手軽に自分や職員さんの強みを発見する方法」では、手軽にできる性格診断に変わる「強み」を発見するための取り組みをわかりやすくお話します。
5.team_
【商用利用は注意】「パソコン遠隔操作で税理士事務所の業務をIT化・効率化」についてお話します。TeamViewerを駆使することによって業務の無駄が減少し、業務効率の向上、税理士事務所の業務の幅が広がり、 お客様へのサポート力の向上が期待できるはずです。
4.hansoku
「なんだかんだ言ってもテレアポは強いという話」では、税理士事務所にとって一番効果的な営業手法いついて、経験者がズバリお教えします!
3.zoom2_
「税理士事務所の在宅•テレワークツール入門zoomのイメージ」では、zoomって使うとき、実際どういう感じなのか?についてお話します。
2.yorokobu
「顧問契約締結時の税理士先生のテンション」では、新規顧問契約が決まったときに税理士先生がとるリアクションの成功例をお話します。素直になって喜ぶ!これが大事です。
1.negirai
小難しいモチベーションアップの仕掛けなど必要ありません。適切なときに適切な言葉で、労いの言葉をかける。 たったそれだけで抜群の効果がある取り組み。「電話応対編」をお伝えします。
zoom1
テレワーク・在宅対応入門【税理士事務所で取り組める無料ツール】
oreijyou
税理士事務所の上手なお礼状の使い方
board
税理士事務所の営業で一番注意したい「無関心」な空気感
imasoudan
税理士事務所の電話応対についてお話をしています。先生は税理士事務所にきた相談の電話に対して、どのタイミングでアポイントメントを入れていますか?契約率が多い事務所はどのようにしているか?アポイントメントのタイミングを間違えてしまうと、大切な新規のお客様からのお問合せを逃してしまう可能性があります。
効果測定
効果測定の究極は「原因不明」について記載のページです。効果測定というものはとても大切です。効果測定をしなければ分からないことがたくさんあります。
9f3f01d8366a01d7a407e9bc2fb43223_s-e1540176635502
税理士先生の名刺も多種多様。デザインについても使用用途によって大きく変化します。情報満載な名刺、シンプルな名刺、運用シーンを思い浮かべながら効果的な名刺を作りを考えましょう。
スマホ_税理士事務所への影響
スマートフォンの普及で営業活動にも変化が生じてきています。ホームページの中でも対応しているしていないが分かれますし、ホームページ上から電話が出来る出来ないも分かれます。ひとつひとつの積み重ねが大きな差となります。
436b277b479f200c4b3a1486efbbe557_s-e1540178775702
お一人で事務所を切り盛りしている税理士先生の場合、オススメできるのが電話秘書サービスの運用です。固定費はかかりますが、電話番で従業員を採用するよりかは余程費用を圧縮することができます。取りこぼしを避けるのにはこれが一番です。
会計事務所_問合せ対応
現場で遭遇する意外と多いお問合せ案件の取りこぼし。それがメールでの相談案件です。迷惑メールに振り分けられたり、まぎれたり。それだけではなく、「放置してしまう」という現象が少なからずあるのが問題です。
会計事務所_問合せ対応
税理士事務所への問合せは「ホームページを見て」というケースが増えています。言葉をそのままとらえてしまうと、間違った効果測定となってしまう危険性がありますので注意が必要です。
税理士の営業と電話応対重要性
税理士事務所において問合せの電話応対の共有化は非常に大切なテーマです。「電話に出る人によって対応が違う」は避けたいことです。素晴らしい対応をする事務所だ!とお客様に伝わるような応対が出来るようになってください。
税理士事務所_営業_電話応対
電話応対が出来ていないと、新規のお問合せをぼろぼろと落してしまうことが、私は容易に想像できます。電話応対に力を入れる税理士事務所、気にしない税理士事務所、電話応対の良し悪しで顧問先拡大の成果は大きく変化します。