20_Nutrients
税理士事務所の営業で大事な「結果を出すための」バランスとは何か?人間でいう栄養素を例に、ご説明します。
19_piece
ひとつひとつの取り組みが、ある日突然ひとつの形にまとまるような瞬間がやってきたりします。最後のピースが揃ったときに組み立てられる企画についてお話します。
18_Adoption
令和2年度小規模事業者持続化補助金の結果が出ました。採択結果を発表いたします。
17_sns
Facebookをした方がいいかどうか、税理士事務所によっても異なりますが、考え方の基準についてお話します。
16_Finish-up
「徹底的にやり切る覚悟を持て!突然の命令形そのワケとは!?」徹底的にやり切る覚悟についてお話します。
15_Planning
企画の成功率を飛躍的に高めるコツというものがあります。企画を成功に導く良い話についてお話します。
14.40jyou
「テレワークは税理士法違反にならないという日税連の見解」についてお話します。
13.tereaposuuji2
税理士事務所で行うテレマーケティングの費用対効果について、顧問先拡大の取り組みを実際に手がけた経験をもとに、具体的な数字を使って説明させていただきます。
12.posutingMap
「効果の出るポスティングにはワケがある!2倍以上の差が出る事もざら!」では、配り手によって視点が変わることについてマップのイメージを見ながらお話します。
11.posuting
「ポスティングを成功させる5つのポイントと正しい配布の考え方」では、ポイントを押さえながらお話します。正しく取り組めば結果はでます。正しい配布方法を身につけて実践をしてみましょう。
10.online
オンライン化は進んでいます。「オンラインツールは何を使えば良いのだろうか?」では、ツールを選ぶ際の判断基準などについてもお話しています。
9.suuji_
「キャッチコピーで悩んだらコレ!万国共通のアレを使いましょう!」では、全世界共通の数字を盛り込んでみてはどうかということについてお話します。ポイントポイントで数字を使うことにより理解度も増します。
8.benchmarking
「ベンチマーキングで見つけよう現状の課題・問題点」では、ベンチマーキングをする際、どんなところを気を付ければよいのかについて、私のやっているベンチマーキングもご紹介しながらお話します。
7.shisetsudm
「1/200の反響率で1/400の契約率|新設法人ダイレクトメールのメリットとデメリット」では、おおよその数字をもとに、メリットとデメリットについてお話します。
6.streng
「税理士事務所でお手軽に自分や職員さんの強みを発見する方法」では、手軽にできる性格診断に変わる「強み」を発見するための取り組みをわかりやすくお話します。
5.team_
「パソコン遠隔操作で税理士事務所の業務をIT化・効率化」についてお話します。TeamViewerを駆使することによって業務の無駄が減少し、業務効率の向上、税理士事務所の業務の幅が広がり、 お客様へのサポート力の向上が期待できるはずです。
4.hansoku
「なんだかんだ言ってもテレアポは強いという話」では、税理士事務所にとって一番効果的な営業手法いついて、経験者がズバリお教えします!
3.zoom2_
「税理士事務所の在宅•テレワークツール入門zoomのイメージ」では、zoomって使うとき、実際どういう感じなのか?についてお話します。
2.yorokobu
「顧問契約締結時の税理士先生のテンション」では、新規顧問契約が決まったときに税理士先生がとるリアクションの成功例をお話します。素直になって喜ぶ!これが大事です。
1.negirai
小難しいモチベーションアップの仕掛けなど必要ありません。適切なときに適切な言葉で、労いの言葉をかける。 たったそれだけで抜群の効果がある取り組み。「電話応対編」をお伝えします。
zoom1
テレワーク・在宅対応入門【税理士事務所で取り組める無料ツール】
oreijyou
税理士事務所の上手なお礼状の使い方
board
税理士事務所の営業で一番注意したい「無関心」な空気感
imasoudan
税務顧問契約の第一歩【アポイントはお早めに!】
効果測定
効果測定の究極は「原因不明」について記載のページです。効果測定というものはとても大切です。効果測定をしなければ分からないことがたくさんあります。
9f3f01d8366a01d7a407e9bc2fb43223_s-e1540176635502
税理士先生の名刺も多種多様。デザインについても使用用途によって大きく変化します。情報満載な名刺、シンプルな名刺、運用シーンを思い浮かべながら効果的な名刺を作りを考えましょう。
スマホ_税理士事務所への影響
スマートフォンの普及で営業活動にも変化が生じてきています。ホームページの中でも対応しているしていないが分かれますし、ホームページ上から電話が出来る出来ないも分かれます。ひとつひとつの積み重ねが大きな差となります。
436b277b479f200c4b3a1486efbbe557_s-e1540178775702
お一人で事務所を切り盛りしている税理士先生の場合、オススメできるのが電話秘書サービスの運用です。固定費はかかりますが、電話番で従業員を採用するよりかは余程費用を圧縮することができます。取りこぼしを避けるのにはこれが一番です。
会計事務所_問合せ対応
現場で遭遇する意外と多いお問合せ案件の取りこぼし。それがメールでの相談案件です。迷惑メールに振り分けられたり、まぎれたり。それだけではなく、「放置してしまう」という現象が少なからずあるのが問題です。
会計事務所_問合せ対応
税理士事務所への問合せは「ホームページを見て」というケースが増えています。言葉をそのままとらえてしまうと、間違った効果測定となってしまう危険性がありますので注意が必要です。
税理士の営業と電話応対重要性
税理士事務所において問合せの電話応対の共有化は非常に大切なテーマです。「電話に出る人によって対応が違う」は避けたいことです。素晴らしい対応をする事務所だ!とお客様に伝わるような応対が出来るようになってください。
税理士事務所_営業_電話応対
電話応対が出来ていないと、新規のお問合せをぼろぼろと落してしまうことが、私は容易に想像できます。電話応対に力を入れる税理士事務所、気にしない税理士事務所、電話応対の良し悪しで顧問先拡大の成果は大きく変化します。