やっぱり税理士新聞が好き|3つの好きなところを告白

  • フォロー
  • メディア掲載
税理士新聞が好きです。

今回はそんなおはなしです。
税理士新聞とは、エヌピー通信社が発行している税理士・会計事務所向けの税金関係の新聞です。
28700部発行されているという大変素晴らしいものであります。当社はこの税理士新聞への広告出稿をさせていただいたりすることもあります。

2020年7月5日号にもさらっとチラシが!

エヌピー通信社さんのHP
https://www.np-net.co.jp/
右上のところにオーナーズブレーンのご案内があります。

カタくて重い。重厚感あふれる媒体。それが税理士新聞!

私は、しっかりしている、どっしりしているという媒体が結構好きです。そして、柔軟性のあるものも好きです。私が「好き」と感じている要素をもれなく満たしているのが、エヌピー通信社さんが発行している「税理士新聞」です。この税理士新聞は当社のクライアントである税理士先生方も多く読んでいらっしゃいまして、広告などを出したり致しますと、「太田さん、読んだよ!」とか、「今回、出てたね!」などと言っていただけます。

精読率が高い媒体であるというのは昔から感じておりましたし、税理士業界内での信頼性も非常に高い媒体なのです。今回はその税理士新聞を熱烈に大好きなのですという動画を発信いたしました。

何かに特化している媒体はやはり強い

税理士新聞という媒体をご紹介いたしましたが、税理士事務所の営業という視点で考えると、特定の業種に特化している媒体であったり、特定のエリアで特化している媒体などは広告効果が高いものとして考えられます。

フリーペーパーでも十分な効果があるものもありますが、有料紙のほうが精読率は高くなるでしょう。私がなぜ税理士新聞という媒体が好きなのか。そのわけをこの動画の中でお話しています。
【著者プロフィール】太田亮児(おおたりょうじ)|合資会社オオタキカク 代表
税理士・会計事務所の営業、マーケティング支援を行う。起業前は東京都内にある税理士法人に勤務してマーケティング業務を専任で手掛けた。2005年にオオタキカクを設立して独立。税理士事務所の個性を活かし各事務所の強みを磨き上げオーダーメイド式でマーケティングの仕組みを作り上げるサポートを行う。2010年に「税理士・会計事務所の儲かるしかけ」を同文館出版より出版し、税理士業界に特化したサービスを展開している。税理士向けの専門紙である税理士新聞(NP通信社発行)への連載記事を手掛けていたこともある。