税理士・会計事務所のための電話応対教室|会計ソフト編

  • #アポイントメント
  • #会計ソフト
  • #電話対応
  • 税理士事務所
特定の会計ソフトのご利用を要望された場合、事務所でその会計ソフトに対応をしていなかった場合、
そのままお断りしていませんか?
せっかくお電話をいただいたのに、案件のとりこぼしになってしまいます。
今回は電話対応の「会計ソフト編」になります。
税理士会計事務所で特定の会計ソフトの対応要望がある場合、それに対して否定的に断ってしまうのは避けるべきです。相手の要望に前向きに対応し、特別な事情やコストについて尋ねることで、顧客とのコミュニケーションを損なわず、柔軟な対応を提供できます。

話し方一つでその後の流れが変わります!
トークの流れを前向きに変えていただくことで、
・門前払いで失注をしてしまうのか
・前向きにご検討いただくことができるようになるのか
ここら辺が大きく変わってきます。

会話の流れを前向きに変え、門前払いを避け、アポイントメントを取得し、次の契約に繋げる流れができるようになるのではないでしょうか。 是非一度試していただきたいと思います。
【著者プロフィール】太田亮児(おおたりょうじ)|合資会社オオタキカク 代表
税理士・会計事務所の営業、マーケティング支援を行う。起業前は東京都内にある税理士法人に勤務してマーケティング業務を専任で手掛けた。2005年にオオタキカクを設立して独立。税理士事務所の個性を活かし各事務所の強みを磨き上げオーダーメイド式でマーケティングの仕組みを作り上げるサポートを行う。2010年に「税理士・会計事務所の儲かるしかけ」を同文館出版より出版し、税理士業界に特化したサービスを展開している。税理士向けの専門紙である税理士新聞(NP通信社発行)への連載記事を手掛けていたこともある。