税理士事務所の営業活動あるある|こんな法則性があるのです

何か動き出すと、全く別のところからの問合せが増えるなんてことありませんか?
しかし、何もしないと何も起きません。
動き続けることで接点が生まれ、どんどんよい話が舞い込んできます。
今回は、そんな『動くと変わる』法則のお話です。

税理士事務所の営業活動|動き出すと変化する法則

ダイレクトメールを送ると紹介が増え、セミナーを頑張るとホームページから問い合わせがくる。活動しているものそのものからダイレクトにお問い合わせがくるのではなく、全くの別経路からお問い合わせが入る。そのような不思議な現象が税理士事務所の営業活動には多く起こります。

これはもしかしたら、税理士事務所の営業活動に限らないお話なのかもしれませんが、そういう不思議な変化は良く起こります。当社のお客様である税理士先生にその話をすると、かなりの割合で共感をしていただくことができます。

不思議ですね。

ここで大切なことが、別経路でのお問い合わせが来たからといって、今現在取り組んでいる直接的にお問い合わせにつながっていない取り組みを中断しないことが大切です。この取り組みを中断してしまうとこれまた不思議なのですが、良い流れがストップしてしまい、またもとに戻ってしまいます。どうしてなのでしょうね…。

科学的根拠一切なし!でも「わかるわかる!」「そうそうそう!」という共感は得られる。そんな法則性についてのお話をさせていただきました。一時期流行ったマーフォーの法則のようなものですね。