職人学
税理士事務所のDMもシンプルイズベスト!あれもこれもあってはいけないということではありません。必要なものを必要なだけ置き、必要なときにすっすと出てくるような環境を整えることが大事です。
セルフイメージ_税理士事務所
税理士事務所の営業で必要なセルフイメージについてまとめました。セルフイメージは具体的かつ現実的である必要があり大切です。
ダイレクトメール_税理士営業
税理士法改正前では考えられないことですが、現在では税理士事務所がダイレクトメールを実施することは、日常的に行われています。
求人難_税理士_悩み
最近、会計事務所の求人難について随所で耳にする機会が増えました。数年前であれば求人を出せば有資格者であったり、科目合格者、実務経験者からの応募が寄せられたものが、最近ではさっぱりである。といったお話を聞くのです。
税理士_営業拡大
税理士事務所の営業手法について。顧客が増えすぎる税理士先生の営業手法とその特徴をまとめました。顧客が増えすぎてしまう先生は、何もしないで紹介が発生するのを待っているだけということが無く、何事にもアクティブです。そしてコミュニケーション力が高いと感じます。
税理士営業名刺
税理士先生の名刺も多種多様。デザインについても使用用途によって大きく変化します。情報満載な名刺、シンプルな名刺、運用シーンを思い浮かべながら効果的な名刺を作りを考えましょう。
相続案件受任
高齢化にともなってか、税制改正の影響があってか、相続案件受任のための取り組みを事務所として進めるケースが増えました。方法は様々ですが、一番力を入れるべきは「事務所が相続案件を受けることができる」という事実を既存の関与先に知らせることであると考えます。
税理士事務所
税理士・会計事務所が組織的に上手く行くためには、どうすれば良いでしょうか。今回お話しするのは税理士事務所様の通常業務である税務会計のお仕事についてではありません。「顧問先拡大」を推進するための、企画やマーケティング、営業活動についてのお話です。
銀座の腕時計
税理士事務所の顧問報酬の相場はどれくらいなのか。こういった質問や相談を多く頂きます。確かに市場の動向や相場観というものは存在します。新設法人で月額5万円といったら、流石に高いな。と感じます。しかし・・・。
オオタキカク_太田亮児
日頃より「合資会社オオタキカク」をご利用いただき、誠にありがとうございます。 年末年始の営業予定をお知らせします。休業中でもメールでのご相談は100%拝見します。
税理士事務所_マーケティング
税理士事務所の営業が成功するかしないかは「自分ごと」の人口比率に有ります。「自分のこと」として事務所の将来を考え、お客様を増やすことが必要であるとお考えで日々の仕事に向き合うことが出来る人口比率が高ければ高いほど、拡大は成功します。ノウハウやテクニックも必要ですが、何よりもやる気があるか無いかが一番重要なのです。
税理士_勉強_マーケティング
資格を取得することや専門的な税務スキルを身につけることはすばらしいことです。しかしながら、スキルを身につければお客様が増えるかというと、少し話は変わってきます。
会計事務所_問合せ対応
税理士事務所への問合せは「ホームページを見て」というケースが増えています。言葉をそのままとらえてしまうと、間違った効果測定となってしまう危険性がありますので注意が必要です。
法人化_顧問先拡大_意思決定
税理士法人化をして拡大に着手する。このこと自体は良いのですが、考えの違いやコミュニケーション不足、営業活動費、販促活動費について意見の衝突など、なかなか難しいハードルが立ちはだかります。
会計事務所の強み
「強み」というと何かに特化したり差別化をしたりなどが考えられますが、本当の事務所の強みというのはこちらが勝手に考えて予測するものではなく、お客様から発せられるもので、こたえはすべて現場にしかありません。
広報展開_オオタキカク
FacebookやTwitter。これらの新しいツールが一般的な道具になりつつあります。新しいものを遠ざけていると、新しい時代の変化に取り残されてしまいます。時代の変化についていけていますか。
来客対応_研修_接客マナー
来客時にお茶を出す。当たり前のように取組んでいる事務所もあるかもしれませんが、これは決して当たり前のことではありません。そこまで辿り着くためにも並々ならぬ努力が必要なのです。
税理士事務所_差別化
私が良く現場でお話しさせていただくのは、「業務内容による絞り込み」「業種やお客様の状態による絞り込み」「考え方による絞り込み」この3つです。