第12号 行動しないと何も起きない。

  • 鉄人バックナンバー
be004dad5135d4f8cbe7de0ad8f175ca
噂でもなんでも。かすかな希望にすがりたくなる気持ちが理解できます。
子供の頃「少年ジャンプ」という少年誌を毎週読んでいました。5つ年上の兄は毎週「ジャンプ」を楽しみにしている私を見ながら、「くだらないものばかり読んで・・・」というあきれ顔をしていたものです。「ジャンプ」は毎週決まった曜日に発売になるのですが、正月やゴールデンウィークなどの連休時は、1週間から2週間休刊となります。ジャンプ誌上にも「来週は休刊です」と書いてあります。 子供の世界にもうわさというものがあります。「今週は前倒しで発売されるらしい」とか「ジャンプがこっそりサプライズで今週も出すらし い」とか。そんなことあるわけがないのですが、休刊の週であるにもかかわら「ひょっとしたら・・・」という淡い期待を抱きながら、駄菓子屋さんや本屋さんを巡回しまくったものです。実に無駄な努力をしたものですが、それはそれで楽しかったです。

初めてのポスティングは500枚。FAXDMは1000枚がスタート。
合資会社オオタキカク。今でこそ、このようなニュースレターをということはなく、少しずつ前に進み出すしかありませんでした。 発行させていただく事が出来たり、読者の方に恵まれたり、そして時には迷い、立ち止まり考えました。でも、いつも行きつく答えは何よりお客様である税理士先生、会計事務所様に恵まれて、「行動しないと、何も起きない」というシンプルな回答でした。 7期目を迎えることが出来ました。
企画やマーケティングを業としてはいるものの、創業時はゼロ。何も無い所からのスタートでした。もう一度同じ条件で独立するか?と聞かれたら少し悩みます。(でもやると思いますが)
チラシを作ったり、それをPRしたりすることは得意と申しますか、そうやって広報活動を行うことが大切だと思っていましたので、最初はポスティングやFAXDMをやろう!と思いました。
サラリーマンの頃はそれこそ数千枚、数万枚の案内を瞬時に行うことが出来ました。そもそも自分のお金ではないという事実と、責任といっても、限られたものでしたので平気な顔で思い切った に成果が出る」という考えが残っていたのだと思います。
しかし、独立をして最初に取り組んだポスティングは500枚。FAXDMに至っては僅か1000枚でした。こんな少量の告知活 動で成果が出るはずもないのですが、何か具体的な行動をスタートしなければ、何も変わらない、何も起きない。といったことを考え、その後も色々な取り組みを実施したものです。
生みの苦しみと言うのでしょうか、最初から何事も上手く行くなど ということはなく、少しずつ前に進み出すしかありませんでした。 発行させていただく事が出来たり、読者の方に恵まれたり、そして時には迷い、立ち止まり考えました。
でも、いつも行きつく答えは 何よりお客様である税理士先生、会計事務所様に恵まれて、「行動しないと、何も起きない」というシンプルな回答でした。7期目を迎えることが出来ました。 とにかく独立してしまったのだから仕方がありません。悩んでも何も起きませんし、愚痴を聞いてくれる同僚も居ません。ついでに 何も無い所からのスタートでした。
「もうこれはやるしかない」という覚悟を改めてし、行動に行動を重ねました。そもそも 自分は営業職には向かないと考えていました。だからマーケティティングの力に自分自身、頼っていたのかもしれません。
一言で言ってしまいますと、ラクをしてお客様を増やそうと「最初から」考えていたのだと思います。しかし、色々と取組みながら、私は「マーケティングだけやってもダメだ」ということに気が付きま ことが出来ました。お恥ずかしい話、当時は私も「何かに取り組めばそれで直ぐ責任といっても、限られたものでしたので平気な顔で思い切った に成果が出る」という考えが残っていたのだと思います。
でも、その勘違いに気がつく事が出来たのは、初めてのポスティングやFAXDMなどの具体的な行動があってのことです。この行動を起こすことが無ければ「それ」に気がつく事は無かったでしょう。「それ」というのは他でもないこのニュースレター上で毎回お話しさせていただいている『企画』の大切さです。私自身、企画が無い状態のまま、行動を重ねていた経験があるのです。

合資会社オオタキカク 代表 太田亮児
ニュースレター_note