税理士新聞_第1501号_11月5日号掲載

20150505-1
【税理士先生】

この間、太田さんにアドバイスしてもらった
「事務所内で営業のことを考える時間を作る」
ということを実践してみました。

今後、うちの事務所も営業やマーケティングが必要になるので、
みんなで力を合わせていこうということを伝えたのですが、
全くやる気が感じられません・・・。

新規のお客様が増えないと事務所の繁栄も無いというのに、
意識がひく過ぎます。

【太田】

先生、それはおそらく順序の問題です。
いきなり「事務所で営業をがんばる」と言っても、
普通は反発が出るものです。

「何故、営業を行う必要があるのか」
「具体的にどのようなことをやる必要があるのか」
「どうしてマーケティングをするのか」など、
順を追って伝えていかないと反発は生じると思います。

【税理士先生】

いや、でも会計事務所が営業とか
マーケティングをやる時代だということは、
もはや常識です。
職員にもそういう危機感を持って欲しいですし、
持っていて当たり前だと思うのですが、
それは期待し過ぎでしょうか?

【太田】

先生と職員さんの間での意識に開きが
ありすぎるのだと思います。
先生は外部のセミナーや勉強会、
同業間での情報交換などがありますが、
職員の方にはそういった機会がありませんから。

本連載は税理士新聞本紙にて毎月5日掲載中です。(2015年11月現在)