顧客を熱狂的なファンにするマーケティングとは・・・

images
私が、10年以上ファンで使い続けているオリーブオイルがあります。
 きっかけは、たまたまお店の前をふらりと通って、 試食してから大好きになり使い始めました。

 そして少なくとも10人以上の人に紹介し、
 その半分の人がそれをきっかけに購入しています。

これはよく言う口コミや紹介といった形というよりは、
 アンバサダー・マーケティングという形だと思います。
アンバサダーとは「顧客が会社や、会社の商品を熱烈に
応援する顧客で、 その会社(商品)を強く周囲に薦めてくれる」
 というシンプルなマーケティングです。

これは企業が予測できない宣伝でありますが、
効果としては一番あるのではないでしょうか。
紹介するに付け加えて「オススメ」「使ってみて」と
営業トークも上乗せしているので、
 紹介された方としては、信頼性はあるし、実際に使った人から
の話だし、 と疑いがなくお金も出しやすいのではないでしょうか。

ではどうやってアンバサダー・マーケティングをしてくれる顧客を
増やしていけるのか?

 とにかくいいサービス、いい商品を提供している企業が獲得できるにつきます。
 それも、企業は利益を考えるまえに、サービス・商品の開発を優先していること、
 顧客が喜んでいる姿を思い浮かべることができる企業ではないでしょうか。

自分が知っている良いことを周りにも教えてあげたいという
 人間の心理は止めることはできません。
 ちょっと自慢げに何かの会話のときに話したり、
SNSで紹介したり、このようなブログに書き込んだりと広がり方は多岐にわたります。

顧客が熱狂的なファンになってくれるようなサービスや商品開発の努力が日々必要ですね。
 今日はオリーブオイルにからめたマーケティング話でしたが
オリーブオイルは奥が深い。

私の愛するオリーブオイルです。

 http://www.buonitalia.jp/

食事が楽しみになります。野菜がさらに美味しくなります。しあわせを感じます。 スタッフ
税理士営業メールマガジン「鬼コーチ」