コンテンツ作りで悩む時にはこう考えてみる・・・(2)

コンテンツを作る際に、どのような悩みや情報を求めているお客様かをイメージしてみませんか?

起業されるお客様でも、飲食業、美容院、開業医、ひとり社長で始めてみる会社など
さまざまだと思います。同じ悩みでしょうか?同じ情報で役立つのでしょうか?

ホームページを専門化することが今は増えてきましたが、そこまでできなくても、
コンテンツページだけ専門化することで、少ないニーズで他のホームページには載せていない情報を提供することは大切です。

ターゲットとしているお客様の求めているもの、情報がコンテンツを作る際のポイントです!
旬なコンテンツもあると思います。

いまだとマイナンバーですし、昨年の今頃は相続税改正だったと思います。
お客様がほしいと思うタイミングに新しい情報を発信することや、
事例などをつかって、早めに相談することを提案するなど、コンテンツから伝えることができます。

「うちにはマイナンバーは関係ない」と思われる事務所様もいらっしゃるかもしれませんが、
マイナンバーで検索される方々は今の時期は多いはずです。テレビでも毎日のように特集をされています。

マイナンバーでも相続に絡めたり、中小企業の従業員のマイナンバーの管理についてなど
素材となる情報は、角度を変えるとたくさんあります。

是非、旬な時期に旬なワードでコンテンツを作成し、お客様に情報を発信し、時には問題提議する
ことで、問合せにつながっていくのではないでしょうか。

(スタッフ)