消費税アップにおける考察

税について分からないこと
「2017年4月」

何が起こるのか?

ご存知の方も多いかと思います。
ついに、消費税が10%になります。

ガーン!

現在までの所、私の消費税に対する印象は残念ながらかなり後ろ向きです。

8%でも精神的に「盗られている感」たっぷりなのに、それが10%になったら、自分がどうなってしまうのか、そら恐ろしいです。

スーパーで1パック200円以上の卵が並ぶ中、190円台の卵を発見し、嬉々としてレジに持って行くと、結局200円を余裕で超過する。
そういうショッキングな経験をこれまで幾度となく重ねてきました。

美容院で、ただのストレートパーマを注文したのに2万円を超える高価な縮毛矯正を勝手にされてしまったときの衝撃とはまた違います。

消費税は、騙しとか勘違いなどではなく、支払うべき当然の義務なんですから!

私の中ではある意味、消費税は確信犯に近い印象です。


まだ5%だった時代はそれほど敏感ではありませんでしたが、8%をきっかけに意識するようになりました。

100円ショップに行くと、それは露わになります。
100円ショップなのに、実際は108円なんですから。どうせなら、108円ショップにしてくれた方がスッキリします。

それが、再来年の4月には110円になります。もはや、100円ショップと呼称することに違和感を感じざるを得ません。

私のような考えを持つ人間は、大きな買い物などできなくなりますね。

例えば3000万円の家を購入する場合、実際に支払う額は3300万円となり、300万円もアップしてしまうのですよ!?

おまけに消費税増税というのは、全ての国民に課税されるため、低所得者には不利になります。これ、「逆進性」というのだそうです。
この問題、なかなか難しい所です。

世の中が潤い国民全体が収入アップを見込めるのならば、まだ救いがあるのですが、そうではないんですよね。

私達が日頃領収書を作ったりもらったりするように、是非消費税の使い道をレシートの様に明らかにしてもらうことが、唯一の慰めになるのではないでしょうか。

今回は、消費税に対する私の正直な意見を述べさせてもらいました。

この考えが少しでも前向きになれることが起こりますように!(運頼み)
思わず、田舎生活といった単語がチラッと脳裏に浮かびます。更なる消費税アップを機に健康志向になるかもしれません。(笑)

スタッフ
税理士営業メールマガジン「鬼コーチ」