お母さん10年生になって思うこと・・・仕事と子育てって

075037-e1445922328214
母親になって、10年が過ぎました。
長男は4月から5年生になります。

子供が保育園のときは、夜中や明方に熱をだすと「はぁ~」とため息が出て、仕事優先になってしまい、誰に預けよう・・・と子供の心配よりも預け先を気にしていた私です。ひどいですね。

今ではなかなか熱も出さず、年に数回しか出さない熱に心配しながらも看病することへの喜びがあります。ゼリーを買ってきたり、アイスクリームを食べさせてあげたりと、大きな赤ちゃんになった子供たちの甘えがうれしくもあります。

子育てっていろいろなことがありますね。
母親も子供もそれぞれ怒ったり、叱ったり、泣いたり、悩んだりしながら、最後は一緒に笑って成長していくように思います。
まだまだ新米。これからいろいろなことが起こり、悩むことがあるでしょう。

モーニング娘やAKBの振付師の夏まゆみさんが、あるTV番組で「観察することが大切。そこから言葉が見つかる」とおっしゃっていました。

本当にそうですね。
ついつい口を出してしまいますが、観察していると言葉があとからついてくる気がします。

仕事もそうかもしれないと思うときがあります。
目の前の仕事を処理することに追われていると、全体が見えなくなってきてしまいますが、ちょっと離れて見てみると、次のアイディアが浮かんできたり、やりたいことがみつかったり、今はやらないほうがいいことがわかったり、観察って大切。

静と動を上手く使いわけて、成長していきたいものです。

スタッフ




同じタグが付けられたスタッフブログを見る

税理士営業メールマガジン「鬼コーチ」