採用に失敗しない為の求人募集の前にしなければいけない大切なこと

以前、ブログで甥の就職面接の特訓中
という内容を書かせていただきました。

自分の長所、短所は第三者に聞くとよいということでした。

そして実際に甥が面接を受けました。
予想通りの質問もありましたが、辛かったこと、
何をしたいのか?など色々な質問をされたようです。

質問内容から会社が良い人材を探していることがわかります。
良い人材といっても高学歴のお勉強が出来る人ではなく、
素直でいながらも熱い心を持っている人です。

1次面接でもたっぷり聞かれ、2次面接でも1時間以上の面接、
そして3次面接もあり、こんなに面接する?と思ってしまうほどです。

しかし、その度に「どうなりたい?」「何がしたい?」と根掘り葉掘り聞かれたそうです。

企業側も採用したい人材が明確にあるからこそ色々と質問が出てくるのでしょう。

求人募集する前に「どんな人に来てもらいたいか」「どんなことをしてもらいたいか」
など明確なものを書き出すことが大切ではないでしょうか。

質問する内容も変わり、本当に必要な人材を見つけることで失敗しない採用に繋がると思います。

甥も採用され就職することができました。一安心です。


スタッフ
税理士営業メールマガジン「鬼コーチ」