開業する近所のパン屋さんに思うこと「フランスパンとジャムの店 SONKA」

近所に「フランスパンとジャムの店 SONKA」がもうすぐオープンします。

内装工事が始まった時から貼紙をし
「フランスパンの専門店です。よろしく!」のような内容で
挨拶がありました。杉並の住宅街もあってパン好きな主婦たちは
気になってしかたがありません。

先日、お店の前を通ると、瓦版のようなものが置いてあり、
一枚もらってきました。ノートに手書きでかいたとてもシンプルな
瓦版に赤で手書きの”コーヒー半額券”がついているのです。

瓦版にはなぜこの場所でお店を出したのか、このお店にかける想い、
が書かれていました。オーナーの方にお会いしていませんが、
親近感がわき、食べてもいないプランスパンのお店を応援したい
気持ちになりました。

翌日、お店をのぞくとオーナーが試作品作りをしていたので
「楽しみにしています!」と声をかけました。9月中旬にオープンです。
ママ友にも宣伝済み。小学校はママ友規模が違うので宣伝力は
凄いと思いますよ。

どんな業種でも、その会社にかける想いや、
お客様に提供するサービスがうまれた理由、
お客様に対する想いを伝えることは
とても大切だなと思いました。

SONKAのHPはこちら

HPにもそんな想いが感じられるものを制作できたらと思っています。

スタッフ
税理士営業メールマガジン「鬼コーチ」