夏までにかっこいい筋肉をつける!体改造計画2015~②食生活

admin-ajax1
食べ方で痩せられるってご存知でしたか?

もちろん激痩せはしませんが、ダイエットの手助けにはなります。

(1)食べる順番が大切

日本人だと、昔からご飯とおかずを一緒に食べなさいと教わってきた方が多いと思います。
スタートは味噌汁一口からのご飯を一口、そしておかずへと進むのです。

でも今は違うんですね。
野菜(サラダ)から食べ、スープ、たんぱく質となる肉や魚のメインディッシュ、そして最後にご飯やパンなどの炭水化物に移っていきます。

まさしくフランス料理や懐石料理のコースで出てくる順番ですよね。

なぜこの食べ方がいいのでしょうか?
(2) インシュリンと体脂肪

上記では理想的な食べ方(コース食べ)をお勧めしました。
なぜなのでしょうか?

食べ物が体に入ると、血糖値が上がり、血液がドロドロになりやすくなります。
体はこの血糖値を抑えるためにインシュリンを分泌します。

インシュリンが分泌されると・・・

体脂肪が燃えません
体は炭水化物や糖をエネルギーとして優先して燃やしていくので、脂肪はその次。結局は脂肪は使われないままになってしまいます。
そして使われずに体に蓄えられてしまいます。蓄えられた脂肪とは「体脂肪」のことですね。

インシュリンと上手く付き合うことがポイント・・・

インシュリンをたくさん分泌しないようにするには、血糖値を急激に上昇させないことです。
米、パン、パスタなど炭水化物のものをいきなり食べだすと、体の血糖値が上がりインシュリンが多く分泌されてしまうので、
血糖値を安定させることがポイントです。

野菜から食べ始め、血糖値を少しずつ上げて行くことで、炭水化物を食べた時も急激な上昇にはならずに済みます。
食べ始めてから炭水化物を食べるまでの時間を空ける。その間にスープやたんぱく質となる肉類を食べるなど
することで、安定した血糖値となりインシュリンもあまり分泌されずにすみます。

この食べ方はお勧めします。
私も実践し、夜は炭水化物をあまり取らないようにしています。
夕飯はおかずだけです。

やっぱり、毎食ご飯は食べたい・・・
という方も、食べる順番を変えるだけで体が変ってくるでしょう。




(スタッフ)

個人の感想によるもので、全ての方に当てはまるものではありません。

税理士営業メールマガジン「鬼コーチ」