細胞レベルで分かる税理士の営業

1kaime
税理士・会計事務所の強みや特徴を表現するためには、業種特化や業務上の強みを出すだけでなく、顧客目線からの強みの抽出がコツです。 とはいえ、それぞれ抽出された「強み」は発信する媒体によって向き不向きがありますので配慮が必要です。
2kaime
税理士・会計事務所の高付加価値戦略と低価格戦略との違いを解説。 先生の事務所ではどちらの顧客層に向けた広告宣伝を行いますか?
3kaime
10年前と今の時代との違いをまとめました。税理士・会計事務所を取り巻く中小零細企業の環境も異なりますし、インターネット(ホームページ)の効果、効用、役割といったものも変化しています。時代に合わせた運用方法を考えなければいけませんね。
4kaime
「検索されたら」を考えながら、事務所名や法人名を考えることも広告戦略の一つです。
5kaime
税理士・会計事務所様が紹介されるとき、口コミが起こるとき、それは一体どういう時で­しょう。できる事務所は仕組みが違うのです!
6kaime
税理士・会計事務所がブログの更新を行う際に注意したいポイントをおまとめした動画となっております。
7kaime
チラシやパンフレット、ホームページで業務一覧とするか、業務ごとに分けた案内物を作るのか、どちらがより専門性の高い事務所として判断されやすいかを解説した動画です。
8kaime
税理士事務所が中小企業向けにダイレクトメールをお届けになる際は、極力受け手の方に­限定的にお届けしている感じを出していきたいですね。
9kaime
税理士事務所のマーケティング手法にもさまざまありますが、目的意識なしで取り組んでしまうと大変なことになってしまうかも!?
youtube_imgchanel