税理士新聞_第1489号_7月5日号掲載

税理士新聞1489号_よろず相談
【税理士先生】 
太田さんこの間、新規の方からメールで相談が入りました。

 メールの相談は内容が良く分からないので、一応このまま待って先方から電話が入るのを待っています。

 個別の事情をメールで相談されても答えられませんよね。

 【太田】 
ちょ、ちょっと待ってください先生。 その相談メールはいつ頃あったものですか。昨日か今日のものでしょうか。

 基本的にメールで入ったご相談ですから、先方から改めて電話を下さることなんてまずありません。 

先生、直ぐに電話をしてご面談のアポイントをいただいてください。今すぐです!

 【税理士先生】
 そのメールは2週間くらい前に来ました。 

相談したいことがあれば電話がかかってきますよ。 メールで相談してくるような人は大抵契約なんて決まりませんし、期待もしていません。 

それよりも太田さん、ホームページでお問合せを増やす企画を考えてくださいよ。

本連載は税理士新聞本紙にて毎月5日掲載中です。(2015年7月現在)