税理士新聞_第1450号_6月5日号掲載

税理士新聞1450号_税理士よろず相談
【税理士先生】
この間、事務所でセミナーを開催したのですが、
来ていただいた方は関与先の方ばかりで、新規の方は
誰も居ませんでした。
セミナーをやって顧問先を増やしているという成功事例を
耳にしたのでやってもたのですが、全然ダメですね。

【太田】
なるほど先生。ただ、セミナーがダメだったというのは
少し結論が早すぎるかと思います。

今回先生のところで開催したセミナーは、
どのようなテーマで何を目的としたものだったのでしょうか。
それと、セミナーの開催案内はどのようにされましたか。

目的によってテーマやご案内する内容も一工夫必要です。
まずは今回の状況をお聞かせください。

【税理士先生】
テーマは関与先にも聞いてもらえるように消費税のことについてとしました。
目的は新規開拓のためだったのですが。
開催の案内は基本的に既存のお客様に手渡しで案内をお渡しした程度で、
他は何もやっていません。

そういえば新設法人向けにDMを毎月出していましたが、
今回のセミナーについては特に告知をしませんでした。
同封した方が良かったでしょうか。

本連載は税理士新聞本紙にて毎月5日掲載中です。(2014年6月現在)