税理士事務所の顧問先拡大はじめの一歩の次は二歩目、三歩目

税理士事務所のはじめの一歩
税理士事務所の顧問先拡大を考えたとき、
一番重要なことは何でしょうか。

企画、プランニングは大事ですね。
制作物も大事。
マーケティングの戦術も大事。

と、色々と大事なことはあります。

その中でも最も重要なものは・・・

まずはやってみること!
といえます。
営業活動なわけですから、
一発こっきりの花火で終わらせないことです。

打ち手をとどまらせないことが大切です。

はじめの一歩を踏み出したら、
二歩目、三歩目と続けることが大切。

実は、これが大変なのです。

新設法人DMを例にとって見ましょう。

成果を出す事務所は3年、5年ときちんと継続をします。
「継続は力なり」ということをよくお分かりでいらっしゃいます。

しかし、成果を出せない事務所の場合、
3ヶ月でやめたり、半年でやめたり。

と、継続することが出来ない。
そしてまた別の新たなおいしそうな話に飛びついてしまう。

力が蓄積されないのですね。
何か一つの取り組みでも良いので、
しっかりと継続性と計画性を持って取組んでみましょう。

成果が出ないからやめるのではなくて、
成果が出るまで工夫をし続け、継続することです。

テクニックも大事ですが、継続することを前提にしないと結果は出ませんよ。