個人税理士事務所の場合、電話秘書サービスの利用がおすすめ

税理士電話応対
当社、創業時は自宅開業でした。
自宅開業と言うことはお家に電話が置いてあるということです。

携帯電話に転送ということも行いましたが、
法人形態としての意識を持っていましたので、
市外局番から始まる電話番号も用意していました。

もちろん名刺には市外局番からの電話番号を記載です。

そうすると必然的に電話がかかってきます。
市外局番の方に。

とはいえ、いきなり自宅なのに、受付の従業員を、というわけにもいきません。

かといって、全ての電話を転送にしてしまう。ということをやっても仕事中に気になって仕方が無い。(笑)
これは私の考えですが、
家の人(家族)に会社の電話に出てもらう。

といったことは絶対にしたくありませんでした。

私個人の感覚ではそれは物凄く恥ずかしいことと感じてしまうのです。
もちろん、ご家族の方にスタッフとして協力をしていただいているというケースは、
普通にあることだとは思います。

私が言っているのは、通常の家族電話としての扱いとなってしまうようなケースです。

ですので、一番最初は転送を使い、しばらくしたら電話秘書サービスを採用しました。

電話秘書サービスにも色々とコースがあって、
時間帯や曜日、ヒアリングの有無など色々です。

自宅開業の辛いところは、「お家の感じ」が電話の向こうに伝わってしまうことです。
テレビの音や家族の話し声が微妙に伝わる!!(苦笑)

これが嫌なのです。

おそらく電話をしている相手にも伝わりますから、
そうすると、おもいっきり個人な感じが出てしまいますよね。

それを回避するために一番効果的、低コストなのが電話秘書サービス。

ある程度安定するまではこういうサービスを活用するとよいと思います。
開業直後は本当に大変なのです。