5名未満の事務所

税理士事務所が一番やっておきたいこと
税理士事務所が営業活動において、今一番やっておいたほうが良いこと。それは・・・。敵を知り己を知る事です!
職人学
税理士事務所のDMもシンプルイズベスト!あれもこれもあってはいけないということではありません。必要なものを必要なだけ置き、必要なときにすっすと出てくるような環境を整えることが大事です。
セルフイメージ_税理士事務所
税理士事務所の営業で必要なセルフイメージについてまとめました。セルフイメージは具体的かつ現実的である必要があり大切です。
求人難_税理士_悩み
最近、会計事務所の求人難について随所で耳にする機会が増えました。数年前であれば求人を出せば有資格者であったり、科目合格者、実務経験者からの応募が寄せられたものが、最近ではさっぱりである。といったお話を聞くのです。
ダイレクトメール_税理士営業
税理士事務所の広告宣伝費の使い方について営業的な視点から書いてみました。大切なのは「制作」と「マーケティング」にバランスよくコストを回すことです。
税理士_営業拡大
税理士事務所の営業手法について。顧客が増えすぎる税理士先生の営業手法とその特徴をまとめました。顧客が増えすぎてしまう先生は、何もしないで紹介が発生するのを待っているだけということが無く、何事にもアクティブです。そしてコミュニケーション力が高いと感じます。
好きこそものの上手なれ
先生は自分が得意なこと、好きなことをやっていますか?好きこそ物の上手なれという言葉があります。好きなことほど熱心に取り組みますので、上達も早いし結果も伴いやすいという意味です。顧問先拡大に密接な関係性があります。
新設法人ダイレクトメール
税理士事務所が新規設立法人向けに行う新設法人DM(ダイレクトメール)は粘り強さが必要です。最低でも半年から1年の継続は必要です。
顧問先拡大
何事も「大変さを知ること」は大切なことです。これは顧問先拡大にかかわらず、あらゆることに言えるかもしれません。そして取り組む姿勢が大事です。
税理士営業の比較
税理士同士の比較というものがあります。何事においても「比較」という行動はあるのが普通です。何かを目標とするのも比較から来るものですし、「クレーム」なども比較がベースになっているとも考えられます。
税理士営業名刺
税理士先生の名刺も多種多様。デザインについても使用用途によって大きく変化します。情報満載な名刺、シンプルな名刺、運用シーンを思い浮かべながら効果的な名刺を作りを考えましょう。
顧問先拡大_相談
何か一番効果的かは手段の検討です。「手段」から入って「結論」に至ろうとしても至れません。どこに向かえば良いのかわからないからです。まずは「結論」から入り「手段」を検討するのが良いでしょう。
アプローチ方法
税理士業務を専門職として考えるか、サービス業として考えるか、アプローチ方法はオリジナリティあるもので考える必要があります。どちらが正解でどちらが不正解といった話ではありません。アプローチの方法が異なりますので気をつけなければいけないということなのです。
相続案件受任
高齢化にともなってか、税制改正の影響があってか、相続案件受任のための取り組みを事務所として進めるケースが増えました。方法は様々ですが、一番力を入れるべきは「事務所が相続案件を受けることができる」という事実を既存の関与先に知らせることであると考えます。
税理士顧問報酬_相談
どう頑張ってもお客様が増え難い(増えないとは言いませんが)税理士事務所があります。そういう事務所様は私どものようなマーケティングをやっている人間から見ると、当たり前のことを当たり前にできていない。いや逆のことをやってしまっているということがあります。
税理士事務所_優先順位
税理士事務所の営業マーケティング。一般的にはなかなか着手すること自体が難しいジャンルです。税理士先生のご本業である税務会計のお仕事は全てにおいて優先されて当然ですから、どうしても営業は後回しになってしまいます。
税理士事務所_効率化
会計業界にも新しい波が来ています。例えば会計ソフトの分野では顕著です。あらゆるサービスがクラウド化しています。モバイル端末と併用すれば効率性は飛躍的に高まりますし、移動中や外出先で仕事が出来ます。
税理士事務所_マーケティング
税理士事務所の営業が成功するかしないかは「自分ごと」の人口比率に有ります。「自分のこと」として事務所の将来を考え、お客様を増やすことが必要であるとお考えで日々の仕事に向き合うことが出来る人口比率が高ければ高いほど、拡大は成功します。ノウハウやテクニックも必要ですが、何よりもやる気があるか無いかが一番重要なのです。
税理士電話応対
お一人で事務所を切り盛りしている税理士先生の場合、オススメできるのが電話秘書サービスの運用です。固定費はかかりますが、電話番で従業員を採用するよりかは余程費用を圧縮することができます。取りこぼしを避けるのにはこれが一番です。
考える人
税理士事務所の顧問先拡大における「上手く行かない原因」はいろいろと考えられます。「想い」は大切ですがそこに行動が伴わなければ具体化しません。願望だけあっても行動が無ければ何も生まれません。
税理士先生_理念_理想
はじめから完璧なものなどはありません。組織によって出来上がる理念は異なりますので借り物ではいけないと私は考えます。時間をかけて創り上げるからこそ、強靭な土台が出来上がるものです。
サービスを受けてみる
様々なジャンルのサービス、それも出来るだけよいサービスを受けると、今まで理解できていなかった自社のサービスの行き届いていない点、あるいは行き届いている点が明確になることがあります。税理士・会計事務所でもこの考えは取り入れたほうが良いと思います。
物販とサービス販売の違い
物を販売する難しさとサービスを売る難しさの違いを知り、それを問合せ増加に役立てるにはどうしたら良いでしょう。どこにも売っていない何かを加えてみる等のアレンジと手間暇をかける面倒くささを出すことが必要です。
税理士_勉強_マーケティング
資格を取得することや専門的な税務スキルを身につけることはすばらしいことです。しかしながら、スキルを身につければお客様が増えるかというと、少し話は変わってきます。
会計事務所_問合せ対応
税理士事務所への問合せは「ホームページを見て」というケースが増えています。言葉をそのままとらえてしまうと、間違った効果測定となってしまう危険性がありますので注意が必要です。
ホームページ制作_お客様の声_事務所経営
チラシ、キャッチコピー、HP、サービスなどなど、新しい企画や制作物を作るときに第三者の意見は大変貴重です。家族や友人に聞くことも良いでしょう。大手企業はモニターや座談会で一般の意見をお金をだしてでも聞きたいと思っているものです。それは第三者の意見が宝だからです。
アクセス解析_試算表_顧問先拡大
ホームページからのお問合せを増やしたい。そのようなご相談を多く頂きます。お話を聞いてみると、殆どの場合アクセス解析をやっていません。分析をして次なる一手を打って行く。コレをやらないとホームページからの問合せを増やすことは出来ません。
会計事務所の強み
「強み」というと何かに特化したり差別化をしたりなどが考えられますが、本当の事務所の強みというのはこちらが勝手に考えて予測するものではなく、お客様から発せられるもので、こたえはすべて現場にしかありません。
顧問先拡大_相談お申込み
顧問先拡大をしたいという相談があると、相談中に一定の割合で生じる事故と申しますか、現象がございます。今日はそのお話しです。
地域密着型ジョイント
地域密着型で推して行くのであれば、同じ「考え方」を持った事業体と組むことが一番です。理念や考え方を地域密着型の企業体と合わせること(地域活性化という意味で)、そして、必要な資金はきちんとつかうこと(想いが同じだからといってただで人を動かそうとしないこと)が大切です。
税理士事務所の地域性
ダイレクトメールや新規向けのセミナー開催など、どうしても難しい。目立った営業活動が出来ないという事務所が何をやれば良いのでしょうか?
税理士事務所の意思決定
意思決定の早さと数。そして実践力が勝敗を分けることが多くあります。実践力があると一度決定したら何事も早いスピードで進みます。意思決定が早く、年間の決定数が多く、実践力がある事務所様は、ほぼ、もれなく顧問先の拡大には困っておられません。
地域密着型_税理士事務所
地域密着型のお仕事をされている税理士先生が実践すると良い、営業・広告宣伝戦略についてまとめました。今回は既に強い競合が存在するときの話です。
税理士事務所_地域密着
地域の情報は全てこの先生に聞けばOK!そんな状態を創り上げることが大切です。そんな環境をいかにして創り上げるか?地域密着型のお仕事をされている税理士先生が実践すると良い、営業・広告宣伝戦略についてまとめました。